本文へスキップ

PP情報>PP情報は、山梨県をホーム・エリアに元気に営業して居るフィリピンのお店を紹介するサイトです。

     





落居 界フィリピン 【基本情報】

フィリピン 【 基本情報 】

国名/フィリピン共和国  Republic of the Philippines
首都/メトロ・マニラ
公用語/フィリピン語(タガログ語
宗教/キリスト教(カトリック80%、) カトリック以外のキリスト教10%)イスラム教5%
人種/主にマレイ系。中国系、スペイン系、少数民族等。
人口/8,000万人
国民性/一年中な気候で、何かをしなくても穀物や果物が育ち、生きていくことができるフィリピン。そのフィリピンで醸成された国民性は陽気・楽天的、親切といわれる。「フィリピーノ・ホスピタリティ」という言葉があるように外国人にも親切だ。
一方、日本人からすると、約束を守らない、いい加減、言い訳が多く反省がないなどといった面も気になるかもしれ ない。人間性の違いではなく、国民性・文化の違いだと割り切って折り合いをつける必要がありそうだ。

気候/一年中、気温・湿度の高い熱帯モンスーン型気候。乾期・暑期・雨期の3つに分けられ、地方によってその 差が大きい。例えばマニラ周辺では6月から11月の雨季がはっきりしているが、セブ周辺ではこの雨季というのものほとんどな い。全体的には乾季にあたる12月から2月が暑すぎず、日本人には過ごしやすい季節。服装は日本の夏の服装で良い。ルソン島あたりは台風の通り道となるため、夏季の滞在は注意が必要。


治安/まず、政権そのものの安定性に欠ける面があることを知っておこう。最近でも2006年2月には軍部によるアロヨ政権打倒のクーデター計画が発覚している。また共産党新人民軍(NPA)等の反政府共産勢力やイスラム反政府勢力が存在し無差別爆弾事件等のテロ活動や、身代金目的誘拐事件などの事件を起こしている。
またスリなどの犯罪が強盗に変わりやすいのもこの国の犯罪の特徴だといわれる。刃物や銃器などの武器を隠してのスリ行為などが多く見られるので、より一層の注意が必要。空港やマニラ周辺の観光スポット、セブダウンタウンなど、犯罪多発地域も事前に情報収集しておきたい。詳しくは>>外務省海外安全ホームページ (フィリピン直リンク


物価/人件費の安さを繁栄して、衣料品、食料品、居住費などは安い。日本人の感覚からすれば、2分の1から5分の1の値段で買えるという感覚だ。メイドなどを雇うとしても一ヶ月3,000~4,500p程度。1ペソが2円の場合1万円で足りる。但し大卒初任給が9,000p程度なので、フィリピン人にとってフィリピンは物価が安いともいえない。
■通貨/フィリペン・ペソ。1ペソ=100センターボ


滞在する/ロングステイヤーには自分で調理もできるキッチン付きのコンドミニアムがお奨めだ。マニラなどでは普通のホテルの中に、ミニキッチン付きの客室がある。通常コンドミニアムとしてよりはミニキッチン付きのホテルを探す方が簡単だ。一人一泊4~5,000円程度からが目安。 格安での長期滞在の場合には、一般庶民がが貸し出すレンタル・ルームでは一ヶ月6,000p(フィリピンペソ ⇒ 日本 円)程でキッチン・トイレ付きの部屋を借りてみる手も有る、当然ながら食事は、自炊か外食となる。


医療/大都市の医療機関は整備されており、技術的なレベルも心配する必要はないので一流の病院では安心して診療を受けられる。ただし、国公立病院は料金が安いため、待ち時間が長く、在フィリピン邦人は私立病院へ行くケースが多いようだ。フィリピンは衛生状態の悪いところもあり、感染症もさまざまに流行している。コレラ、腸チフス、マラリア、デング熱、赤痢などのほか、日本にはない病気もあることから体調に異常がある場合は市販薬に頼らず、現地での診療を受けることも考えたい。


電圧/120/220/230/240V 60ヘルツ(日本の電気製品は使う場合は変圧器や形状変換プラグが必要)


ビザ/日本人の場合は、滞在期間が21日を超えない限りビザは不要。現地移民局で1年まで延長が可能で、通常のロングステイ目的であれば観光査証(観光ビザ=9a)を取得する必要 性はない。 ※退職者特別居住ビザ(リタイアメントビザ:SRRV)
ロングステイのほか、取得すれば永住もできるのがこのリタイアメントビザ。永住権の他にも、US$で7,000ドルま で課税が免除されるなど特典も多い。年齢50歳以上であれば5,000US$を定期預金にするという条件があるが、比較的取得しやすい。自分のほか家族2人まで同伴が可能。

このページのトップ

【 フィリピンの病気・医療 】
フィリピンでは日本人にとってなじみの薄い病気・感染症などが見られる。事前にどんな病気があるのか、その対処 法などを整理しておきたい。

フィリピンでは日本人にとってなじみの薄い病気・感染症などが見られる。事前にどんな病気があるのか、その対処法などを整理しておきたい。

■ [ 感染症 ]
1)食べ物や水によって感染する病気
 ・赤痢 ・A型肝炎 ・E型肝炎 ・コレラ ・食中毒 ・腸チフスなど
2)虫によってうつる病気
 ・マラリア ・デング熱 ・日本脳炎など
3)その他
 ・B型肝炎 ・狂犬病 ・エイズ ・破傷風など

■ [ 病気を避けるために~食べ物 ]
× ハロハロ(果物と牛乳で作ったデザート):不衛生な屋台などのものは注意が必要。
× 生野菜:市場や屋台でハエがたかっているものなどは避ける。
× アイスクリーム:同じく屋台などのものは赤痢や食中毒の心配がある。細菌は冷凍されても生きている。
× 果物、ジュース:カットフルーツはレストランでも避ける方が無難。自分でむいて食べよう。
× 生もの:刺身や生の貝などは一流レストランや高級ホテルでも非常に危険。コレラやA型肝炎の恐れもある。
× 生水、氷:生水を飲むのは避ける。ミネラルウォーターや一度沸騰させた水を飲もう。

■ [ 病気を避けるために~その他の注意 ]
× 野犬:日本にはほぼない狂犬病が発生している。可愛く見えてもむやみに犬にふれないこと。
× 異性交渉:エイズが万延しており、気をつけたい。

このページのトップ

【 在フィリピン日本大使館・総領事館 】

■ 在フィリピン大使館
Philippines 
Emba ssy of Japan
2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
(P.O. Box No. 414, Pasay Central Post Office, Pasay City, Metro Manila, Philippines)
Tel : ( 63-2 ) 551-5710
Fax : ( 63-2 ) 551-5780

■ 在マニラ総領事館
Manila
Consulate-General of Japan
所在地は在フィリピン大使館と同。

■在セブ出張駐在官事務所
Cebu 
Consular Office of Japan in Cebu
7th Floor, Keppel Center, Samar Loop cor.
Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park,
Cebu City, Philippines.
Tel : ( 63-32 ) 231-7321、231-7322
Fax : ( 63-32 ) 231-6843

■在ダバオ出張駐在官事務所
Davao
Consular Office of Japan in Davao
Suite B305 3rd Floor, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
(P.O. Box No. 80637)
Tel : ( 63-82 ) 221-3100
Fax : ( 63-82 ) 221-2176

【 総領事館の出来ること 】
海外で事故や事件に逢い、困ったとき、緊急を要するときには各総領事館に相談することができる。但し、総領事館にできることは限られており、直接的な解決を図ってくれることはないと考えよう。事件にあっても、警察を動かしたり、ましてや犯人を捕まえたりしてくれるわけではない。多くは助言を中心にした情報提供などの援助、つまり本人に代わって親族に通知をしてくれる、などのことだ。

【 総領事館の出来ないこと 】
・宿泊費や治療費、切符代などの個人的な費用の立替
・弁護士や警察、病院の行う業務
・犯罪捜査や被疑者の身柄拘束
・逮捕された場合の通訳や訴訟費用の支払
・遺失物の捜索
・入国、滞在、就労などの取得を本人に代わり行うことや便宜を図ることなど。

総領事館に期待しすぎずに、万全の準備を行い、自己責任の及ぶ範囲で行動することが大切。

【フィリピン観光局ホームページ】
フィリピン観光省(英語)
フィリピン政府観光局(英語)
フィリピン観光協会(英語)
フィリピン訪問促進委員会(英語)


【 外食 】
マニラなどの一流ホテルやレストランでは、心配なく食事ができる。
またマカティの中心にある「アヤラセンター」では、グロリエッタ、グリーンベルトなどの巨大ショッピングモールや、デパート、スーパーマーケットがある。ショッピングモールにあるフードコートではハンバーガーはもちろん、ピザ、ステーキ、デザートなどのほか、フィリピンの屋台料理、スペイン風料理まで様々な食事が楽しめ、清潔感もあるので、利用しやすい。

屋台ではフィリピン風焼き鳥やフライドチキン、スクウィッドボールというイカのすり身を油であげたもの、バッチョイというラーメン、マニと呼ばれるバターで揚げたピーナツなどなど簡単な食事からスナック、菓子類まで気軽に楽しめる。
衛生状態だけは注意して食べよう。

日本食レストランも多数ある。居酒屋、焼肉屋、てんぷら、寿司、ラーメン等々。

【 家の食 】
日本の食材はしょうゆ、味噌、日本酒、ビール、ほとんどのスーパーで手に入る。割高だが購入して調理して日本と同じように食べられる。但し、品数は限られ好みのブランド食材が手に入るわけではないのである程度割り切ることは必要だ。
缶ビールのサンミゲルブランドの缶ビールはキリンビールも出資しているフィリピンのビール会社。安いしなかなかのうまさなので、飲みすぎに注意!。

このページのトップ

【 フィリピン伝統料理 】

・アドボ
 豚と鶏に玉ネギの煮込み料理

・レンチョンカワレ
 皮付き豚ばら肉のから揚げ。サクッとした食感が忘れられない一品です!

・レチョン
 子豚の丸焼き( レチョン・バボイ ) 子牛の丸焼き( レチョン・バカ )

・カレカレ
 牛肉とハチノス(牛の第2胃袋)のピーナッツ煮。以外に相性のいいハチノスとピーナッツの組み合わせはハマってしまうかもしれないです!

・ティラピア
 (イズミダイ)のから揚げ。人気のあるメニューです!

・シニガン
 野菜と魚介類のスープ。酸味がある。

・ルンピア
 ひき肉の春巻きから揚げ。ひき肉の旨みがギュッとつまっていて一度、食べたらとまらない!

・ボピス
 豚肉のトマトソース煮。お酒との相性はよくおつまみとしてはかかせない一品です

・カルデレータ
 牛肉と野菜のトマトソース煮。ピリからですが食べごたえは抜群です。

・パクシウナパタ
 豚足と豚バラなんこつを甘辛く煮詰めた料理。癖になる味に仕上がっています!

・メヌード
 ジャガイモと人参と豚肉をトマトソースで煮詰めた料理。フィリピンでは有名な家庭料理です!

・ディノゴアン
 豚バラ肉とシロモツの煮込み。

・ダインナバゴス
 バゴス(ミルクフィッシュ)の酢漬けのから揚げ。フィリピンでは一般的な焼き魚の料理として親しまれています!

・ポークチョップ
 豚ばら肉とたまねぎを醤油でからめて炒めたもの。肉好きの人は一度は食べてみる価値あり。

・パンシットカントン
 フィリピン風やきそば。具沢山でヘルシーに仕上がっています。大勢で食べるにもよし!もちろん個人で食べるにもよし。


豊かな海に囲まれて、牛貝類を焼いて食べるというフィリピン本来の伝統料理に加えスペイン、アメリカの植民地時代を経て、複雑な味わいの伝統料理ができている。酸味のあるものが多いが、日本人にも好ましい味が多い。

フィリピンで食事をする時は左手にフォーク、右手にスプーンを持つ。主食の米と汁気の多いおかずが多いので食べるのには合理的だ。

Jollibee - ジョリビー
KFC ≡ ケンタッキー
1pチキン&ライス:72p
2pチキン&リック:119p
ボックス6p:353p
バケット(15pチキン):843p
バレル(21pチキン):1,151p
21pチキン  セット
★セットには、ライスが付く。
フィリピン・ケンタのCM
CM-1 CM-2 CM-3
CM-4 CM-5 CM-6
CM-7 CM-8 CM-9


日本円 本日のレート
日本 円 ⇒ フィリピンペソ
( 日本円:1万円 )
フィリピンペソ ⇒ 日本 円
( フィリピン・ペソ:1,000ペソ )










カウント開始:2013/09/15
訪問者:ブログパーツUL5



フィリピンでの生活費例
あくまで目安。参考にして下さい。
※実際の現在価格と違います。
項 目 価 格
・缶ジュース 50円
・缶コーラ 30円
・バナナ1ふさ 175円
・トマト 4個 75円
・キャベツ1玉 75円
・卵 1個 10円
・豚肉1kg 425円
・牛肉1kg 375円
・米10kg 450円
・タクシー発乗り 63円
・電車最低区間 30円
・缶ビール( 350 ) 33円
・映画 250円
・スターバックスコーヒー 150円
・マクドナルド(Bマック) 88円
・メイド ( 一ヶ月 ) 12,500円
・看護士(毎日通) 9,000円

日本円 本日のレート
日本 円 ⇒ フィリピンペソ
( 日本円:1万円 )
フィリピンペソ ⇒ 日本 円
( フィリピン・ペソ:1,000ペソ )

1円ペソの今現在レート
1ペソ円の今現在レート



現在のレート
フィリピン・ペソ→日本円
日本円→フィリピン・ペソ
日本円 → フィリピン・ペソ
■例:10,000円 → 4,424.73ペソ
( 2013/10/10 09:17 現在:
     4千4百24ペソ,73センタボ )
※ センタボ ( ¢ )は、日本では、現在流通していない銭にあたる。
1円
5円
10円
50円
100円
500円
1,000円

5,000円
10,000円
50,000円
100,000円 ( 十万 )
500,000円 ( 五十万 )
1,000,000円 ( 百万 )
5,000,000円 ( 五百万 )
10,000,000円 ( 一千万 )
50,000,000円 ( 五千万 )
100,000,000円 ( 一億 )


フィリピン・ペソ → 日本円
■例:10,000ペソ → 22,543.35円
( 2013/10/10 09:17 現在:
       2万2千5百43円35銭 )
※ 銭は、フィリピンでは、現在流通していないセンタボ ( ¢ )にあたる。
1ペソ
5ペソ
10ペソ
50ペソ
100ペソ
500ペソ
1,000ペソ
5,000ペソ
10,000ペソ
50,000ペソ
100,000ペソ ( 十万 )
500,000ペソ ( 五十万 )
1,000,000ペソ ( 百万 )
5,000,000ペソ ( 五百万 )
10,000,000ペソ ( 一千万 )
50,000,000ペソ ( 五千万 )
100,000,000ペソ ( 一億 )